聞いたはなし。

私が聞いた話。読んだ本。あいまいもことした気持ち。

子育てでイライラした時の救世主!カフカヤマモト『家族ほど笑えるものはない』

f:id:soramame1224:20191031191712j:plain

こんにちは、そらまめf:id:soramame1224:20191025170028j:plainです。

子育てでイライラしてしまった時、「あーもう自分はクソみたいな人間やな。お母さんにむいてないんや。子供にも夫にもイライラしちゃって…。」とネガティブな考えをリピートして 落ち込みます。

 

そんな時の救世主がカフカヤマモトさんの『家族ほど笑えるものはない』です。

泣きながら菊池亜希子さんのインスタを読み漁って発見した

育児でイライラしてしまって、夫にもキツくあたってしまって「子供たちも、夫もこんなに優しいのに、なんで私は怒ってばっかりなんだろう」と夜中1人で泣きながら 助けを求めるように菊池亜希子さんのインスタを読み漁っていました。

 

菊池亜希子信者なのでね。てへ。

 

そこに『家族ほど笑えるものはない』が載っていたんです。

〝ほっこり〟の押し売りじゃない!笑って泣ける漫画 

私は〝ほっこり〟という言葉が苦手です。

もし使っていたら ぶん殴ってください。

そしてほっこりの押し売りが苦手です。

自分のエピソードで人をほっこりさせられると思ってる人が苦手です。(親でもころ(ry)

この漫画もほっこりの押し売りのような育児漫画だったらどうしようと、ドキドキしながら読んだんですが、驚くほど嫌味がなくて押し付けがましくなくて とにかく笑えます。

あるある〜と声出して笑いました。

 

いや本当に、ほっこりの押し付けのような育児漫画に「お腹抱えて笑いました〜☆」とか「癒されました〜♡」ってコメントしている人が羨ましくて。

そんなピュアな人は ワンピース見つけて、でっかい青い空に君の太陽が見えて サイコーのnakamaと共に人生を歩めるんだろうな。(なんの話や)

とにかく私は「あーはいはい、子供の可愛くて素直自慢でしょ、旦那さんが受け止めてくれて嬉しい自慢でしょ」と思ってしまって苦手なんです。

 

でもこの漫画は違う。全然違う。

ただただ 面白くて お子さんたちが可愛くて。

旦那さんも息子さんも娘さんも、作者のカフカヤマモトさんも大好きになってしまいました。

関西生まれ、関西育ちの私には 関西弁も親近感を感じる事ができました。

 

とにかく嫌味なところがなくて、「幸せってこんな何気ない日常でしょ?」っていう圧もなくて

なのに笑って泣いて、読み終わると

幸せってここにあるんや。

なにげない日常が二度と戻らない、愛おしい日々なんやって思えるんです。

この長すぎる中二病引きずったアラサーが。

 

もしももしも、このブログを読んでくれている方がいらっしゃって、そして育児に悩んでいる方がいらっしゃったら ぜひ読んでみてほしいです。

 

君たちと一緒が嬉しいのだ