聞いたはなし。

私が聞いた話。読んだ本。あいまいもことした気持ち。

ほぼ日手帳で願いが叶った話。

f:id:soramame1224:20190923181248j:imageこんにちは、そらまめf:id:soramame1224:20190714011832j:plainです。

手帳、何使っていますか?

今はスマホでスケジュールの管理をされている方も多いと思いますが、私はほぼ日手帳を使っています。

ほぼ日歴は5年くらいだと思います。

一年ごとに購入していましたが、2019年は『ほぼ日5年手帳』を買ってみました。

 

ほぼ日手帳とは

ほぼ日手帳は、コピーライターの糸井重里さんが手がける『ほぼ日刊イトイ新聞』を運営する株式会社ほぼ日(にち)が製作しています。

 

中身は、すみずみまで考えられた美しいレイアウトで使いやすく、方眼がベースとなった 自由にかけるスペースたっぷりの手帳です。

 

また読んで楽しい『日々の言葉』が毎日(毎週)ページの下の方に書かれています。

時には名言だったり、言い間違いだったり、レシピだったりするんですが、その日の自分の気持ちとリンクしている時もあって 結構真剣に読んでしまいます。

 

f:id:soramame1224:20190923225821j:image

こんな感じです。

 

また 軽くて丈夫な用紙〝トモエリバー〟が使われているんですが、 書きやすくって自分の字が上手くなったと錯覚するくらいで、書いていて気持ちがいいです。

オリジナル、カズン、Plannerの手帳本体は180度パタンとひらく設計です。

 

なんといっても、ほぼ日手帳のカバーが魅力的

ほぼ日手帳と言えば、色んな種類のカバーでしょうか。

様々な素材やデザインのものが、毎年発売されています。

 

あのミナ ペルホネンやARTS&SCIENCEなど、色んなブランドやアーティストともコラボしていて、本当に選ぶのが楽しいです。

 

ちなみに以前 私はミナ ペルホネンのカバーを使っていました。

あの伝説のゲームのMOTHER2のカバーもありますよ!ほしい。

 

ほぼ日手帳で願いが叶った

私は毎年叶えたい願い事や、達成したい目標を ほぼ日手帳に書いています。

すると、結構叶うんです!

 

何言ってんだ、バーカと思わないでください…引き寄せの法則なんて嘘だってDaiGo様が仰っていましたが、やっぱり書くことによって目標が明確になるからか、本当にたくさん叶いました。

 

例えば

・資格がとりたい

・好きな人とお付き合いしたい

・再婚したい

・引っ越ししたい

・スピッツのライブに行きたい

・介護職から異業種に転職したい…など大きな願い?から

 

・蒼井優ちゃんをスクリーンで観たい

・ポケモンの映画が観たい

・夫婦でお好み焼きが食べたい

など些細な願いまで たくさん叶えることができました。

 

なぜほぼ日5年手帳を購入したのか

今年はなぜほぼ日5年手帳にしたかと言うと、2014年からの5年間の間に、離婚して再婚して出産して…とたくさんの出来事がありました。

 

これからの5年間でどんなことがあるのか、5年を一区切りにして客観的に人生を見つめることができたらいいな なんてアホなりに考えたからです。

f:id:soramame1224:20190923235746j:plain

画像元:公式サイト

 

 こんな風に同じ日を5年分見れたら、楽しくないですか?

自分が成長したのか、はたまた何にも変わっていないのか、見てみたくて5年手帳にしました。

 

その日の気持を書いたり、育児日記として使ったり…使い道がたくさんあります。

もちろんスケジュール管理に使っても…!

 

種類もたくさんあって、家に置いておくなら大きいサイズ、外に持ち歩くなら薄くて軽い手帳と選ぶこともできます。

願いが叶った ほぼ日手帳、オススメです!